株式会社ソフトテックス

特定健診代行入力

情報処理 MENU

サービス内容

データ入力サービス

データ入力受託実績

特定健診代行入力

TOP > 特定健診代行入力
  特定健診代行入力とは?
平成20年4月より開始された特定健診制度により、健診結果のXML形式(HL7CDA)電子データでの提出が求められるようになりました。 弊社では、電子データ作成(代行入力)の取りまとめをされている医師会様等に代行入力サービスをご提供致します。
  サービスの流れ
①お使いになっている健診結果票を預かる
②健診結果票を当社データ処理センターにて代行入力
③成果物として「XML電子データ・健診結果通知表・変換処理リスト」を納品
  サービスプラン
お客様の様々なご要望にお答えする為、各種サービスプランを多数ご用意しております。従量制料金でのご利用となりますので、電子化費用として1件あたりの健診費用に上乗せする形態がとりやすくなります。
プラン
No
パンチ入力
(代行入力)
電子化
(XML作成)
健診結果
通知表
 
   
 
 
   
   
ページトップへ
COPYRIGHT (C) 2020 SOFTTEKS.
ALL RIGHTS RESERVED.