株式会社ソフトテックス

会社情報 MENU

会社情報

業務内容

お問合せ

採用情報

求人情報

採用ポリシー

TOP > 労災レセプト電算処理システム導入支援金
  導入支援金とは
労災レセプト電算処理システムにより労災診療費請求書およびレセプトをオンラインまたは電子媒体で請求する場合の環境整備に係る費用の負担に対して、費用の一部を支払うのもです。
 
  支援金の対象
令和2年4月1日以降に労災レセプト電算処理システムを導入した労災指定医療機関において、労災診療費請求書およびレセプトを作成するために必要なソフトの導入、および導入に伴う既存のレセプトコンピュータおよび送信用パソコンの諸設定に係る費用を対象とします。
 
  支援金について
● 2020年4月1日以降に導入した分が以下の基準額
● 予算が無くなり次第終了
区分(労災指定医療機関) 基準額 実支出額
病床数20床以上 800,000円 労災専用ソフトウェアの導入/ 諸設定に要した実支出額
病床数20床未満 500,000円
※支援金の支払額は「区分ごとの基準額」と「実支出額に2分の1を乗じて得た額」とを比較して少ない方の額を選定します。
 
  申請方法
※申請書の詳細に関しましては、担当営業所もしくは担当者へお問い合わせください。
 
  申請から支払いまでの流れ
 
システム導入 申請書作成・送付 申請書類確認
支払通知書送付 入金確認  
参考リンク
<厚生労働省>
 労災レセプト電算処理システムとは
ページトップへ
COPYRIGHT (C) 2020 SOFTTEKS.
ALL RIGHTS RESERVED.