保険証自動読み取りシステム
「新保険証くん」
 
新保険証くんの導入で入力ミスを防ぎ返戻防止。
新保険証くんは、歯科システム[DENTALQueen]/医療事務システムなどにて使用が可能です。スキャナに保険証をセットし、[新保険証くん]にて読み取るだけで保険証の情報が自動的に入力される仕組みになっています。
 
新保険証くんの特長
専用スキャナにて画像を読み取るだけですので、簡単に操作が可能です。
手入力での登録ミスを軽減できるため、レセプトの返戻防止につながります。
受付業務のスピードアップにより患者さま待ち時間の短縮が図れます。
歯科システム[DENTALQueen]/医療事務システムとの情報連携が可能です。
システム運用の流れ
  DENTALQueen
[STEP1]
患者さまから保険証を預かり、専用スキャナに保険証をセット

[STEP2]
DENTALQueenの患者登録画面の「新保険証くん(F11)」ボタンをクリック

[STEP3]
患者登録画面に保険証の情報が反映される

  HOPE/SX-S
[STEP1]
患者さまから保険証を預かり、専用スキャナに保険証をセット

[STEP2]
HOPE/SX-Sの患者登録画面で「F7」キーを押すと新保険証くんが起動する

[STEP3]
新保険証くんにて[読み取り開始]ボタンをクリック

[STEP4]
患者登録画面に保険証の情報が反映される

  ORCA
[STEP1]
患者さまから保険証を預かり、専用スキャナに保険証をセット

[STEP2]
新保険証くんにて[読み取り開始]ボタンをクリック

[STEP4]
患者登録画面に保険証の情報が反映される

動作環境
●歯科システム[DENTALQueen]/富士通医療システム[HOPE]/日医標準レセプトソフト[ORCA]
●OS:XP/Vista/Win7/Win8.1/Win10
●CPU:Pentium4 2.0GHz以上
●RAM:512MB以上
出力項目
氏名、フリガナ、記号、番号、保険者番号、住所、生年月日、性別、資格取得日、有効期限、被保険者氏名、被保険者フリガナ、続柄、事業所名称、事業所所在地など (保険証に記載の無い項目は不可) 事項
※注意:
一部、保険証の状態により読み込めない場合もございます。
Copyright© SOFTTEKS All Rights Reserved.